建荷協とはimage
建荷協とは
建荷協(けんにきょう)とは、「公益社団法人建設荷役車両安全技術協会」の略称です。
メーカー、ユーザー、検査・整備業者が一堂に
当協会は、建設荷役車両(建設機械及び荷役運搬機械)の検査・整備業と、メーカー、ユーザーなどから構成された団体です。これらの企業が協力して、建設荷役車両の性能の保持向上と、作業の安全を確保するための定期自主検査制度の定着化及び検査・整備業の振興策などを推進しています。
image
事業の概要
定期(特定)自主検査の普及・促進
1. 定期(特定)自主検査済標章等の発行・管理及び頒布
2. 検査マニュアル及び検査記録表(チェックリスト)の作成・頒布
3. 検査員研修等の実施(資格取得研修、能力向上教育、実務研修)
4. 巡回指導員による現地指導
5. 「特定自主検査強調月間」の実施
6. 特自検制度の普及に関する広報活動の推進
7. 関係行政機関との連携及びその動向に係る情報の提供
建荷協のあらまし
【名称】 公益社団法人建設荷役車両安全技術協会
Safety Association of Construction and Loading Vehicles
【略称】 (公社)建荷協 [けんにきょう] SACL
【URL】 http://www.sacl.or.jp
【所在地】 〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3丁目7番1号 ニュー九段ビル9階
TEL.03-3221-3661 FAX.03-3221-3665
【会長】 吉識晴夫(東京大学名誉教授)
【設立】 昭和53年12月20日
【支部数】 47都道府県に支部があります
【会員数】 4,321社(平成28年3月末現在)
建荷協東京都支部のあらまし
【名称】 公益社団法人建設荷役車両安全技術協会東京都支部
【略称】 (公社)建荷協東京都支部 [けんにきょうとうきょうとしぶ] SACL Tokyo
【所在地】 〒102-0072
東京都千代田区飯田橋1-7-10 山京別館4階
TEL.03-3511-5225 FAX.03-3511-5224
【支部長】 新倉恭一(国際サービスシステム椛纒\取締役社長)
【設立】 昭和62年3月24日
【会員数】 200社(平成29年3月末現在)
支部所在地
各都道府県に支部があります。本部ホームページ、支部案内をご覧下さい。
支部案内へ
image
Copylight SACL Tokyo
入会のおすすめ
特定自主検査制度
研修・講習
頒布品
各種セミナー
巡回指導
行政からのご案内
東京都支部のご案内
リンク集
最新情報
トップページへ戻る建荷協東京都支部